QUALITY SYSTEM

TK - FUJIKIN

ガス配管部材におけるグローバル部品素材専門企業

環境管理

泰光フジキンは、社内で使われるエネルギーを最小化するために、継続的な改善、有害物質の管理、廃棄物の管理によるよりクリーンな作業現場、安全な環境作りに取り組んでいます。

環境法令の徹底遵守

環境法令の国際基準を遵守
顧客のご要望の遵守
社内基準の設定と運営

環境法令の最小化

施設の効率的な管理
廃棄物の減量活動
資源のリサイクル

環境保全意識の引き上げ

生産活動が環境に与える影響を認識
環境保全意識の教育

継続的な予防活動

継続的な環境影響評価の実施
潜在的なリスクを除去
エコ活動に参加

泰光フジキンの環境管理のためのSystem Basis

01

ISO14001認証
国際環境規格ISO14001をもとに、会社全体に環境マネジメントシステムを構築しました。韓国国内の環境法令や国際基準を遵守するだけでなく、経営活動のすべての過程にあたって、環境を考えてそれを実行するための計画、実行、検討、改善手順を確立・実施しています。

02

廃棄物分野における管理活動
廃棄物の種類及び性状別の特徴を確認して分別・保管します。また、廃棄物を搬出する時は、国が定めた法規に準じて処理し、その履歴を「オルバロシステム」に登録して管理しています。

03

環境部「自主点検会社」に指定
廃棄物の効率的な管理のために環境部が発行する「自主点検会社」指定書を取得しており、これに基づいて自主的に年2回の自主的な点検の上、結果表を提出しています。

04

水質分野における管理活動
社内で発生する廃水を自主的に処理するために、防止施設(廃水処理場)を設置・運営しています。廃水処理担当者を配置、効率的な運営による排出許容基準を満たしており、毎月自主測定を実施し、その結果記録を保管、確定排出量を年2回申告することで、透明な管理を実践しています。

05

大気分野における管理活動
有害ガスや粉塵が発生する工程には、大気集塵機を設置、作業スタッフの健康管理はもちろん、大気汚染物質の排出を抑制するために最善の努力を尽くしています。専任の管理者の管理の下で、作業スタッフ達の自主的な管理を実施しており、定期的な自主測定を実施、フィルタ(活性炭)を交換するなど最適の大気環境を保持しています。

06

その他
環境法令を遵守するための各種の認可・許可事項の申告及び自主的な環境影響評価を実施しており、環境設備及びメンテナンスのための投資を惜しまず、環境を最優先的に考慮した経営を実践しています。