QUALITY SYSTEM

TK - FUJIKIN

ガス配管部材におけるグローバル部品素材専門企業

R&Dのご紹介

泰光フジキンが作った製品をお客様に安心してお使いいただけるように、顧客のニーズを検討、分析、試験、検証し、常に改善しています。

分析Analysis and Planning

開発依頼の受付
開発仕様の分析
開発期間の協議

開発Development

開発開始
開発の進行
テスト及び開発完了

量産Product Launching

収納、納期の確定
納品・技術サポート

泰光フジキンの開発プロセス

01

開発依頼の受付
半導体装置および高純度GASバルブ部品と造船、航空、原子力などのような過酷な条件の製品に対する理解と開発の方向性について協議に入ります。

02

開発仕様の分析
開発製品の要求仕様を分析(温度、使用GAS、使用環境、流量、圧力関連事項など)業務割当、基盤技術の分析、開発期間の把握、開発コストの算出

03

.開発期間の協議
製品開発を依頼したパートナー会社の時間とコストを削減するために、開発段階ごとに適切な投入時期を決定、開発の範囲の確定し、開発コストの合意において相互Win-Winできる最適な案を導き出していきます。

04

.開発開始と進行
製品の開発開始と進行においては、パートナー会社とTK-FUJIKINが積極的な協力し合うことで開発期間を短縮させ、新技術製品の迅速な市場投入が可能になります。

05

テスト及び開発完了
開発を依頼したパートナー会社のご要望に応じて数量と納期を確定、安定した品質にもとに、製品が成功的に市場参入できるように最善を尽くします。

06

.納品・技術サポート
製品の量産と納品後にも、パートナー会社のための継続的な技術サポートをお約束いたします。